SOLAKZADE SOLAKZADE SOLAKZADE SOLAKZADE SOLAKZADE SOLAKZADE
SOLAKZADE

okamoto bros s.jpg

solakzade_logo.png


[SOLAKZADE - ヴィンテージ サングラス・眼鏡の専門店-]


SOLAKZADE(ソラックザーデ)は岡本龍允と竜の兄弟2人で2007年に大阪でスタート。
ヴィンテージアイウェアの専門店として日本初、唯一無二の存在です。
大阪時代はオフィス兼予約制ショールームでしたが2012年7月、拠点を大阪から東京に完全に移し、旗艦店を原宿表参道沿いゴローズビルの地下にオープン。


在庫数は約15,000本(2013年7月現在)。すべてデッドストック未使用品。
時代ごとのシェイプやディテール、素材の特徴、政治・経済・音楽などの時代背景などを含めて、興奮できるフレーム、レンズのご紹介を得意とします。


レンズは積極的にガラスレンズをご紹介している眼鏡店として日本で唯一です。
視力測定やレンズの加工技術、累進レンズなどに関する知識・技能も日々、研鑽しております。
レストアやリペア、カスタム、ときにはフルオーダーメイドも可能な体制をとっております。

BOUTIQUE

住  所:150-0001 東京都渋谷区神宮前4-29-4 goro's Bldg. B1F(旧 上田ビル)
*表参道沿いにあるオレンジ色のビルです。
電話番号:03-3478-3345
営業時間:12:00 - 20:00
*不定休、水曜のみ完全予約制(水曜にご来店頂くには、前日までにメールでのアポイントメントが必要です。)

HISTORY

history-img.jpg


高校生の頃、両親のクローゼットをあさると、70年代のYSLのジャケットなどに紛れて、たくさんの70年代のサングラスが出てきました。
ざらついた質感でエレガントな表情のビッグシェイプのサングラスは独特のオーラを放っていました。
ヴィンテージアイウェアに初めて触れた瞬間でした。


もともとデザイナーズやヴィンテージの洋服が好きでしたが、眼鏡のデザイナーズがあることを知ったのは大学生の頃でした。デザイナーズアイウェアの専門セレクトショップに通って様々なブランドがあることを知り、いつの間にかアイウェアが顔の印象をごっそりと変える、その威力に夢中になっていました。


きっかけはオリバーゴールドスミスというブランドの復刻でした。
2005年、英国ブランドのオリバーゴールドスミスが復刻された当時
「ジョンレノン、オードリーヘプバーン、英国王室が愛用したブランド」
という背景にやられて数日後に黒縁の眼鏡フレームを購入しましたがすぐに飽きが来てしまったのです。


そのあと神戸のとある古着屋で、アメリカンな雰囲気の無骨でシャビーなメタルサングラスに出会いました。5000円くらいでノーブランド物でしたが重いガラスレンズが装着されたズッシリとした60年代くらいのヴィンテージが男臭くてかっこ良く、興奮が冷めませんでした。


それからは弟とバイト代を貯めては世界各地の古い倉庫に何十年も眠るデッドストックを買い漁りました。


仕入れ先の古い眼鏡店では例えばこんなやりとりがあります。
店主の多くは60才くらいの方で、30年以上前のお話を懐かしんでしてくれます。
1970年代当時、OPTYL(オプチル)というオーストリアの会社がアセテートではない新素材を発表し、それをきっかけに初めてオーストリアに行ったという話。
OPTYLによる製造の第1号であったディオールは当時、本当に高品質で本当に良く売れたという話。
DUNHILL (ダンヒル)はディオールに並ぶメンズの人気ブランドであったという話。
そんな会話をしながら、2階から出てきた当時のデッドストックを見せてもらいます。


こんな地道な仕入れを繰り返してどんどん新たなデッドストックをコレクションしていきました。
1つ1つにロマンの詰まったデッドストックを掘り起こしていくのはかなり刺激的で、もう現行ブランドにはすっかり興味を示せなくなっていました。


2007年夏、自分たちのコレクションを整理、披露すべくウェブサイトを作ってみました。
これが現在のウェブサイトの前身となるものでした。
そのウェブサイトが予想以上の反響を得ました。
国内外の眼鏡店、洋服店からオファーを受け、卸し業務をスタートするとともに、世界中の蒼々たるファッションデザイナー、アイウェアデザイナーからもオファーが届きました。
バートンペレイラのパティペレイラさんや、セリマオプティークのセリマサローンさんも僕たちのところでビンテージを買い付けてアメリカにある直営店舗で販売されています。


同時期から大阪の南船場という場所にある古いビルの一室で、事務所をかねて「予約制ショールーム」という形で一般のお客様にお越しいただくようになりました。大阪、神戸、京都のみならず、全国各地、時には海外からもお客様に来ていただきました。2011年2月には、大阪内で備後町という場所に移転します。


2011年10月にはソラックザーデ初のバイヤー向けの展示会を東京・恵比寿のウェスティンホテルのスイートルーム内で極秘に開催しました。


その後、月に1、2回のペースで東京、広島、愛媛、香川、長崎など各地でトランクショーを開催し、成功を収めました。


2012年1月には香港、マカオで最も勢いがありハイセンスなアイウェアショップVisual Culture Opticalのコーズウェイベイ旗艦店オープンを祝すために開催した海外トランクショーも無事に成功を収めました。


2012年6月末にはNY SOHOにあるSELIMA OPTIQUEの本店でもトランクショーを行なっています。


その後、2012年7月に原宿・表参道沿いの行列店、goro'sのビル(ゴローズビル)の地下で、日本初のヴィンテージアイウェア専門店SOLAKZADEの店舗をオープンしました。7月1日がプレオープン、18日がレセプションパーティ、そして19日がグランドオープンでした。


トランクショーは2013年以降も開催しています。

2013年5月:ロフトマン梅田店
2013年6月:伊勢丹新宿本店 本館(3階、4階で同時開催)

2014年3月:伊勢丹新宿本店 メンズ館1階
2014年4月:大丸梅田店(3階インターナショナルブティックエリア)
2014年5-6月:伊勢丹新宿本店 本館3階(予定)
2014年6月:伊勢丹新宿本店 メンズ館1階(予定)
2014年7月:阪急梅田本店1階(予定)

DIGGING ALL OVER THE WORLD

vintage-img.jpg


クオリティの高さだけでは面白くないし、興奮しない。欲しくならない。
各時代、各国のクラシックながらどこか危ない空気がふわっと漂う、ヤバいモデル。


アメリカンヴィンテージにも精通し、USA時代のレイバンはもちろん、1950年代のアメリカンオプティカル、タートオプティカル、シューロン等の眼鏡フレームをオーセンティックな物を愛する方々にご紹介しています。50-60年代のフレームは相当古いので、酸化していない良い状態のフレームを選別します。酸化していると、酸っぱい匂いがしますし、水が染み出してベタベタします。50-60年代のアメリカのフレームのみに用いられたアメリカンザイルという樹脂素材は、甘い香りが特徴です。セルロイドの樟脳系の香りとも異なる濃い甘い香りです。


しかし50年代とそれ以前のアメリカ物に価値があることはSOLAKZADEが言うまでもないことです。SOLAKZADEの真価は、同時期のイギリス、フランス物も合わせてご紹介していることにあります。普通であればべトナム戦争(1960年代)以前のアメリカ(いわゆる古き良きアメリカ)と、1960年代中期以降のイギリス、フランスのデザイナーズ、という2つのジャンルがあります。それらも扱いますが、SOLAKZADEは50年代以前のイギリス、フランス、という面白い隠れたジャンルを発見したのです。フレームのシェイプだけでなく、座彫りされていないテンプルにデカイ蝶番、角の立ったカッティングなど、この時期の欧州物にはいくつか共通点があります。


他にも「スチームパンク」という危ないゾーンもあります。ヴィンテージのミリタリーゴーグル、セイフティゴーグル、アンティークのサングラスなどでクラシックながら危なさのプンプン漂うモノを集めています。


また19世紀や20世紀初頭に作られたアンティークのフレームは、その多くが贅沢な金張り仕様です。小さなレンズ枠からなるデザインのため一見繊細にも見えますが、非常に実用的で堅牢で、今でも十分に使える物が揃います。ジョンレノンもこの時期のアンティークを、1970年代当時ビンテージショップで購入して普段使いしていました。このあたりのフレームを非売品や何十万円の価格ではなく、度入りレンズにも対応して日常のアイテムとして取り扱っているお店は日本で他に見当たりません。


SOLAKZADEはアイウェアの歴史すべてを見渡して、各時代のアメリカ、イギリス、フランス、イタリア、日本にタイムスリップしながら心惹かれるモノを掘っています。世界中のどのアイウェアショップよりも幅広く深いテイストのカッコ良さ、美しさ、際どさをご紹介させて頂いています。

DEADSTOCK ONLY

IMG_2987_s.jpg【全てデッドストック】


SOLAKZADEにあるヴィンテージは、基本的に全てデッドストック未使用品です。


ただデッドストックというのはその名の通り、何十年もの間、倉庫などで眠っていた物ですから、未使用品であってもクスミやスリ傷などもあり、ときにはフレーム生地の内部にクラック(ヒビ)があったりします。
水分が抜け過ぎて酸っぱい匂いがし、いまにも割れそうな場合も珍しくありません。
1950年代のフレームなら10本中4本は売れないフレームです。
店頭に並ぶのは、この検品をクリアした良品のみです。


SOLAKZADEでは仕入れの際にも入荷後にも入念に、クラックがないことを確認し、水分量が十分かどうかのチェックをしています。


そして、1本1本フレームやメタル部分の艶感を取り戻したり、ゆがみのあるフレームは調整を施したりします。
ネジがゆるかったり折れている場合はネジの交換も行ないます。


世界で最も状態の良いヴィンテージアイウェアを取り扱っているという自負のもと、これらの作業を毎日行なっています。

NAME

okamoto bros s.jpg【SOLAKZADEという名前の由来】


SOLAKZADEは「ソラックザーデ」と読む、古いトルコ語です。
いまは亡きオスマントルコ帝国(1299-1922)で、王に直属する軍の司令官2人に付けられていた愛称でした。


トルコ、特にイスタンブールという場所は歴史的に、ヨーロッパ、アジア、アフリカの文化が混じりあう、文化の中継地点でした。SOLAKZADEのビンテージが、様々な年代、様々な国にタイムスリップさせてくれることにも重ねています。