CAUTION! Inspect Every Deadstock Frame for even Tiny Cracks

The vintage frame below is a new old stock of F.D.R. in Amber color by Tart Optical made in 1950s. Apparently they would be completely perfect vintage piece without any defect, seen from the 1st photo below. But actually the inside of the celluloid front have some tiny cracks. We cant put lenses into this frame because they have possibilities to get broken. We inspect each vintage frames never to sell this kind of vintage frames with cracks at my boutique, SOLAKZADE, even if they are new old stocks never worn.

下の写真は、1950年代製のタートオプティカルFDRアンバー。もちろんデッドストック未使用品。一見パーフェクトな1本ですがこれに光を当てて検品すると細かいクラックが。これではフレームが割れる可能性があるのでレンズが入れられません。SOLAKZADEではこのようなクラックの入ったフレームは決して販売しないように入荷の度に1本1本検品し、商品庫での管理は丁重に行なっています。

We cant see any cracks in the photo above. But seen in lights, the inside of the transparent frame has many cracks. Please check the photos below..

上の写真だと分かりませんが、よく光を当ててしっかり検品すれば、下の通り、透けたフレーム生地の内部に細かい線が見えます。

Before a customer asked me to put new prescription lenses into a vintage frame never worn but I found it has some cracks. He bought them at another shop. Most of vintage dealers seem to sell them as is without their realizing the fact.

Celluloid frames in Amber color used by Tart Optical often has cracks in their front frame so you should remember it. Most dealers selling vintage frames seem to sell only after buying. At SOLAKZADE, after arrival, we firstly inspect each frame carefully for even a tiny crack. Then restore cordially. While restoring, we buff to make them naturally burnished with a specialized motor device and sometimes with a file and a specialized knife. If necessary, we pull a screw on a hinge and replace it with a new one. And sometimes lenses need to be replaces. After an order, we can make prescription lenses. We can customize nose pads for asian customers. At SOLAKZADE, a person skilled in the art of this restoration consistently does this whole process.

先日、当店にレンズ用に持ち込みされた未使用のビンテージフレームにクラックがいくつもありました。このような見過ごしがちなクラックドフレームも多くのお店でそのままお客さまに販売され、入念なクラックチェックはオプティシャンでないと基本的に行われていないようです。

タートのアンバーフレームは生地の内部にクラックのある物が結構な割合で含まれていますので注意が必要です。ビンテージフレームは、ただ仕入れて販売するだけではダメで、仕入れた後、販売するまでにどのようなケアを施しているかは非常に重要です。SOLAKZADEで行われる販売前の作業は、まず入荷後の検品、そしてレストア。レストアのメインはバフ磨き、ときにケサギやヤスリを先に用いることもあり、ビンテージの風合いを残しつつ自然な艶感に仕上げるよう努めます。必要であればネジ抜き、ネジ交換も。ネジがバカになってしまっていることもあります。そしてレンズの交換が予め必要なときもあります。ご注文後には必要に応じて鼻盛り、度入りレンズの作成、加工。SOLAKZADEではこれらを全てビンテージフレームに精通した人間が一貫して行ないます。

SOLAKZADE (japanese)

SOLAKZADE (english)

コメントを残す