Customizing Work on Our Customer’s Cazal 607 frame with Genuine Lizard Skins

Just now Ryo at SOLAKZADE finally completed the work.

2 weeks ago, from an American customer, we took the 1st order of the customizing work on customer’s frame. After receiving the frame, Ryo worked on it every night after routine tasks.

Ryo just wraps the whole frame with genuine lizard skins and bonds them with special glue. After drying them out for more than 24 hours, he cuts the skins delicately with a professional knife and a professional scissor. Then paints cut edges with dye and also paints whole leather with leather finish. The wrapping and cutting work is very delicate. He still took about 20 hours to complete this work. This is the most beautiful work that he ever did. We got satisfied with his work. And so now we hope the customer will love the actual piece in person. “Mr.Murray, Thank you so much for your patience and ordering this with expecting his good work! I appreciate it!”

ソラックザーデの竜がついに仕上げました。

2週間前に「お客さまの持ち込みフレームへのカスタム」としては初めての注文をアメリカのお客さまから受けました。フレームが到着してから毎晩、通常の仕事を終えた後に作業に徹していました。

工程としては単純で、リザード革を強く引っぱりながらフレーム全体に隙間のないように貼付け、専用接着剤で貼付けます。そして1日乾燥させてからプロ用のナイフとハサミでカットします。そして、革の切り口がグレーなので黒の染料を塗り、革全体には仕上げ剤を塗ります。貼付け作業、そして切る作業は非常にデリケートです。まだ作業時間は短縮できず、この1本も仕上げるのに20時間はかかったと思います。今回の仕上がりは今までで最高です。自分たちでは満足しています。あとはお客さまが満足してくれることを祈るのみ。「Mr.ムーレイ、我慢強く待ってくれてどうもありがとうございます。そして僕たちの仕事に期待して注文をくれてホントにありがとうございます!」

SOLAKZADE (japanese)

SOLAKZADE (english)

info@solakzade.com

コメントを残す