Study: Hunter S. Thompson 〜Gonzo Journalism〜

“限界ってヤツは、限界を越えたヤツらにしか分からない。生きているヤツらは、コントロールできる範囲まで引き返すか減速する。そして俺はまだ限界を超えていない”

伝説のならず者ジャーナリスト、ハンター・S・トンプソンは著書の中でこう言いました。

フリージャーナリストとして活躍したトンプソンは、中立公正なんかクソくらえとばかりに政治問題や社会に対して主観まるだしの記事を書きなぐりました。

トンプソンがフリージャーナリストとして活躍した60年代後半から70年代前半の米国は”黄金時代”が終わり、ベトナム戦争のドロ沼化、キング牧師の暗殺、フラワームーブメント……と変動の時代でした。この時代に生きた彼は全く新しいジャーナリズムの形を世に知らしめ、大きな反響を呼びました。

トンプソンの記事には自身の体験をもとに、やたらとLSD、メスカリン、売春婦、強姦、豚野郎などのお上品でない言葉が並び、記事に客観性はまるでなく、事実半分、フィクション半分という自由な記事を展開しました。

破天荒な生涯や、ロックスターのようなカリスマ性を兼ね備えた破壊的な記事や考え方が多くのジャーナリストに影響を与え、『ゴンゾー・ジャーナリズム』という新しいカテゴリーができました。

なんと言っても、彼は60年代以降のティアドロップ型や様々なシェイプのサングラスを常にしており、ロックスターばりの出で立ちで取材をする姿が印象的です。

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

SOLAKZADE OFFICIAL WEB

ONLINE BOUTIQUE (ENG) / ONLINE BOUTIQUE (JPN)

ADDRESS: goro’s Bldg B1F, Jingu-Mae 4-29-4, Shibuya-Ku, TOKYO,  150-0001, JAPAN

TEL: 03-3478-3345

コメントを残す