LENS for VINTAGE FRAMES -レンズ加工-

ソラックザーデでは毎日お客様からご注文いただいたフレームに自社内でレンズ加工をしています。

僕らはお客様の要望をお聞きしフレームに合ったレンズを提案しています。

その後メーカーから発注したレンズが届いたら僕たち自身の手でレンズを加工しています。

 

下の写真はまだ切り出していないレンズ。円形状でこんなかんじです。

これは1カーブに特注指定したプラスチックの度なしカラーレンズ。

画像
このレンズは日本レンズさんから届いたグレース・ブルーというカラー。
度なしプラスチックレンズ。
青色に少し赤みが入ったパープルに近い薄いブルー系のお色です。
僕らはガラスレンズを勧める事が多いですが、この色みはプラスチックにしかないカラーなので、今回はプラスチックレンズを提案しました。
600RIMG0055
このトプコン社製の軸出し機(じくだしき)という器具でレンズの中心に焦点を合わせてキャップを付けます。
600RIMG0057
ペタっという感じで。
加工機にレンズを装着したら、モニターでフレームに合わせたレンズサイズの設定を行います。
アメリカンビンテージのプラスチックフレームに適した、通常よりも少し小さめのレンズサイズがあるのです。
600RIMG0053
後は自動でレンズをどんどん削っていきます。
600RIMG0052
完成したレンズ。
600RIMG0059
ここからフレームをヒーターでできるだけベストな具合に温めて、フレームを少しだけ柔らかくします。
ここでも温め過ぎてはいけませんので、細心の注意を払います。
温め過ぎると、プラスチックフレームから水分が抜けてしまうのです。
ヴィンテージならではの配慮が最も必要な工程です。
少しだけ柔らかくなったフレームに、ベストサイズに切り出したレンズを最小限の力で押し込み、
完成。
600RIMG0080
600RIMG0081
アンバーカラーのフレームに、薄いパープル系レンズを入れてアメリカンビンテージらしいカラーリングに仕上がりました。
レンズ加工はメガネ、サングラスともに平均一日に10本以上加工します。
もし今手持ちのフレームでレンズ交換したいと考えているものがあれば、ビンテージフレームでも現行フレームでも加工できます。
いつでもご相談ください。
SOLAKZADE
Matsu
住所:〒150-0001 東京都渋谷区神宮前4-29-4 goro’s Bldg. B1F
電話番号:03-3478-3345
Mail:info@solakzade.com
不定休、水曜のみ完全予約制
営業時間:12:00 – 20:00———————————————————————————————————————————————-SOLAKZADE
Matsu
ADDRESS: goro’s Bldg. B1F, Jingu-Mae 4-29-4, Shibuya-Ku TOKYO. 150-0001 JAPAN
TEL: +81-3-3478-3345
Mail:info@solakzade.com
HOURS: 12:00 – 20:00
Open 7 days a week, On Wednesday by Appointment OnlySOLAKZADE OFFICIAL WEB

ONLINE BOUTIQUE (ENG) / ONLINE BOUTIQUE (JPN)

コメントを残す