image

 

 

 

 

SOLAKZADEがお客さんにモノを紹介するときに、最も重要視している1つは、「サイズを見立てる」ということ。

サイズを合わせれば、極端に言えばどんなシェイプのフレームも顔に似合わせることができる。

 

 

 

1960年代以前に作られたヴィンテージは全てサイズバリエーションが豊富。

どのモデルも10サイズ、さらに追加でボーイズサイズまでも展開している。

レンズが4サイズ(例えば42/44/46/48)、ブリッジが4サイズ(例えば20/22/24/26)あれば

4 x 4 = 16 のサイズバリエーション。

 

 

 

現行ブランドではこんなサイズ展開ありえない。

99%の現行フレームがワンサイズ展開。

残りの1%もツーサイズ、スリーサイズの展開。

サイズ展開がないから、ワンサイズで大きい顔の人でもかけられることを想定してフレームはデザインされる。

現行ブランドの眼鏡は、大きい顔の人にはちょうど良いが、小顔の人はサイズの大き過ぎるフレームのせいで間が抜けた印象になってしまう。

 

 

 

 

お客さんそれぞれの顔を見て瞬時にPD(目と目の距離)を1ミリ単位で目測し

それに合わせてフレームのサイズをセレクトして提案する。

 

 

ヴィンテージフレームでこれを毎日やってきた僕たちにとって、

自分たちが作るモノには当然のようにサイズバリエーションが必要だった。

 

 

今回作ったシルバー925フレームはどのモデルも、

レンズが2サイズ(例えば44/46とか50/52)に、ブリッジサイズが3サイズ(19/22/25)。

2 x 3 = 6 サイズバリエーションの展開。

特にブリッジを3サイズ用意したことでほとんどの顔に対してサイズを合わせに行ける。

 

image

MODEL: HEX “BELL-SHAPED VESSEL”(6角形「銅鐸」)Ref.601

SIZE: LENS WIDTH 46mm, BRIDGE (DISTANCE BETWEEN LENSES) 22mm

MATERIAL: SILVER 925 (FRAME), GLASS (LENSES)

 

L1000598

L1000572

MODEL: “KING” OCTAGON(8角形「キングオクタゴン」)Ref.801

SIZE: LENS WIDTH 52mm, BRIDGE (DISTANCE BETWEEN LENSES) 19mm

MATERIAL: SILVER 925 (FRAME), GLASS (LENSES)

 

12291136_10156214843570627_7747042128729323907_o

MODEL: “DROP” OCTAGON(8角形「ドロップオクタゴン」)Ref.802

SIZE: LENS WIDTH 46mm, BRIDGE (DISTANCE BETWEEN LENSES) 25mm

MATERIAL: SILVER 925 for FRAME, GLASS for LENSES

 

 

 

3年前はそれぞれのお客さんの顔に対してジャストサイズを提案してオススメしていたが、

2年前くらいから僕らの感覚的に、ジャストよりもワンサイズ大きいところが「イイ感じ」になってきた。

「イイ感じ」なサイズ感は、いくつか答えがあり得るが、

「その人のジャストサイズ」は1つしかない。

 

 

たとえば、

究極に「クラシックな印象」を作るなら、ジャストサイズに。

少し「余裕」や「可愛さ」を残すなら、ワンサイズ大きめに。

70sな雰囲気を出すなら、ツーサイズ大きくして、薄い(30-40%くらいの)レンズカラーで少し引き締める。

 

 

そして、「ギリギリアウト」を狙う上級者向けですが

小さいフレームでレンズを濃くすれば、イカつく仕上がる。

ワンサイズ小さめのサイズで、1800年代の雰囲気を作る。

 

 

などなど。

同じデザインでも、サイズで色々と印象の変化を作って遊ぶことができるのです。

 

 

SOLAKZADE
住所:〒150-0001 東京都渋谷区神宮前4-29-4 Goro’s Bldg 1F/B1F

電話番号:03-3478-3345

Mail:info@solakzade.com
1階:完全予約制

地下:水曜のみ完全予約制(水曜以外は予約不要)
営業時間:12:00 – 20:00
—————————————————————————————————————————————
SOLAKZADE

ADDRESS: 1F/B1F Goro’s Bldg 4-29-4 Jingumae Shibuya-Ku TOKYO 150-0001 JAPAN

TEL: +81-3-3478-3345

Mail:info@solakzade.com

HOURS: 12:00 – 20:00
1F: Open 7 days a week, Everyday by Appointment Only

B1F: Open 7 days a week, On Wednesday by Appointment Only
SOLAKZADE OFFICIAL WEB

[SOLAKZADE in 大阪]    

 

2005年、大阪で生まれたSOLAKZADEは ヴィンテージアイウェアのショールームとして創業し、特に創業時の10年前から 大阪のレンズメーカー、工具屋さん、職人さん達に助けていただいた。    

当時の SOLAKZADEの事務所からすぐの距離に、職人が複数おられたので、一時期は毎日のようにヴィンテージフレームのレンズ加工やバフ磨きをお願いしに足を運んでいた。 その後すぐに材料屋さんを頼って自前の道具を少しずつ揃え、見よう見まねでバフ磨きやフレーム調整、鼻盛りなどを独学していった。    

 

 

独学にも行き詰まることが多々あり、職人さんからコツを伝授していただいたこともあった。

仕入れた未使用のヴィンテージフレームをそうやって触るのが楽しくて仕方なかった。 その楽しさを知ったのは近くにいたあの職人さんたちや工具屋さんのおかげだ。

SOLAKZADEにとって、大阪で創業できたのは幸運だった。      

 

 

 

[SOLAKZADE in 鯖江]    

 

5年前に、初めて鯖江に行った。

4年前も、鯖江に行った。 KISSOの吉川さんに、フレーム制作にとって重要な3社を紹介いただいた。

そして鯖江で中古の製作機械を買い揃えて、自分たちだけでフレーム製作するようにもなった。    

 

 

セルフレームを自分たちの手で作るようになったことで、製造面からヴィンテージのディテールが分かるようになった。

蝶番の設置方法や、フレームの角出し、フロントフレームのカーブ、ブリッジ内側の処理、鼻パッド、それらのディテールが、国、時代ごとに違うことの理解を深める。

フランスやイギリスのプラスチックフレームで1960年代以前のモノは蝶番が座掘りされていない。

アメリカや日本のプラスチックフレームは古くても座掘りされている。

形状の違いは見たらすぐ分かることだが、でも、実際にどっちもやってみると、明らかに座掘りなしでは蝶番をカシメにくい。

しかもわざわざピンの頭を削っている。

機能上の理由は皆無なので、見た目の美学でやり続けていたのだろうか。

フレームの角感が残っているのを見ても、自分がバフをやるから、こんなに角を残すのは難しいよなぁと感じる。

作って実際にやってみないと、そんなこと感じなかっただろう。      

 

 

ヴィンテージフレームのモノとしての理解を、より深めることができたのは、大阪と鯖江の方達のおかげだ。

創業時のSOLAKZADEにとって、関西を拠点にしていたのは幸運だった。      

 

 

 

[SOLAKZADE in 東京]    

 

3年前に東京に出て、SOLAKZADEの店を出した。

東京が鯖江に次いで、眼鏡の産地であることをこの地で知る。

東京の眼鏡作りは、金無垢や鼈甲といった高級素材で1つ1つにかなりの手間をかける工芸的なやり方。

東京近郊の作り手の数は1980年代の頃の5分の1ほどになったそうだが、まだしっかりとやっている方がいてくれるのが有難い。    

 

 

そして2015年、SOLAKZADEが初めてオリジナルでフレームを作り始めた。

メッキじゃない、無垢素材で。

18K(24分の18、つまり75%が金)とかSILVER925(1000分の925、つまり92.5%が銀)とか。

いまの眼鏡ブランドの素材は、チタンか金メッキ(地金はニッケル銅合金)しか使わない。

ヴィンテージをやってきた僕らにとってはやっぱり質感が重要なので。

使うべき素材は金、銀の無垢に自然に落ち着いた。    

 

 

メタルフレームは、金型やプレスについての理解が欠かせない。

この辺りの知識は、鯖江と東京の複数の方々が、例えば僕らの鯖江の兄貴的存在、KISSOの吉川さんがホワイトボードを引っ張り出して説明してくれたり、東京の金無垢職人の桑沢さんが機械で目の前で実演して見せてくれたり、名古屋眼鏡の石川さんが長電話に付き合って説明してくれたり、鯖江の田賀さんが原宿の店に何回も出向いてくださりカルティエを例にとって説明くださったり、鯖江の中村さんも原宿の店に来てくださって立ち上げ当時に担当されたOLIVER PEOPLES、MATSUDA、CHROME HEARTSのアイウェアライン立ち上げの時の話を聞かせてくれたり、と諸先輩方の熱い授業のおかげで、メタルフレームについてそのデザインを構造的に、そして製造方法を体系的に知ることができた。      

 

SOLAKZADEにとって、東京に店を出したのは、今回のオリジナルフレーム製造においても幸運だった。        

 

 

 

SOLAKZADE

〒150-0001

東京都渋谷区神宮前4-29-4 Goro’s Bldg 1F/B1F

03-3478-3345

info@solakzade.com

1階:完全予約制

地下:水曜のみ完全予約制(水曜以外は予約不要)

営業時間:12:00 – 20:00

—————————————————————————————————————————————

SOLAKZADE

1F/B1F Goro’s Bldg 4-29-4 Jingumae Shibuya-Ku TOKYO 150-0001 JAPAN

+81-3-3478-3345

info@solakzade.com

HOURS: 12:00 – 20:00

1F: Open 7 days a week, Everyday by Appointment Only

B1F: Open 7 days a week, On Wednesday by Appointment Only

SOLAKZADE OFFICIAL WEB  

img_0

 

日本のアイウェア製造のメッカといえば、

福井県鯖江市。

1905年、増永五左衛門氏によって始まり、100年以上の歴史を誇る。

「工業製品」としての鯖江の眼鏡作りが、世界一の技術で支えられている。

この世界一の技術は、「分業」によって進化した。

五左衛門の頃は、ネジ一本からメガネの全てを手で作ったと言われているが、彼の死後は、それぞれが独立。

試作屋、ネジ製作、鼻パッド製作、メタルフレーム製作、セルフレーム製作、テンプルシューティングなどそれぞれ1つのことに特化して独立していった。

この「分業」によってそれぞれの会社内で専門的に技術が進化し、今日の鯖江の世界一の技術がある。

だから一本のフレームを作るのに、鯖江の中で、複数の会社が連携する。

ちなみにMade in Japanの眼鏡フレームの95%は、この鯖江で作られている。

 

 

photo02

(画像元:http://www.megane.gr.jp/museum/contents/knowledge/sabae.html)

 

 

 

鯖江については名前を知ってる人も多いと思う。

しかし実は日本の眼鏡作りは鯖江だけじゃないんです。

鯖江の前は、大阪と江戸がメッカだった。

 

 

 

 

[大阪の眼鏡作り]

 

 

1800年代後期、明治初期の話。

当時の大阪には、ヨーロッパから持ち込まれた技術で、一本一本のメガネを銀などで工芸的に作るスタイルが生まれた。

そして特に眼鏡レンズの発祥の地である大阪の生野にはいまもレンズメーカーが工場を構えます。

1905年に増永五左衛門が鯖江にメガネ産業を興したときも、眼鏡の本場である大阪から優秀な職人を鯖江に連れて行った。

あまり知られていないけれど、実は大阪もメガネ製造・流通における重要な拠点であり

大阪にはいまも優れた偏光レンズ・ガラスレンズのメーカーや眼鏡工具・材料屋さん、加工・修理職人、そしてオーダーメイド眼鏡工房が存在している。

 

 

139494404499978712228

 

 

 

[東京の眼鏡作り]

 

 

そして、東京にも江戸時代から続く、鼈甲眼鏡や金無垢眼鏡を工芸的に作る歴史がある。

分業ではなく、一つの工房内で完結して素材から眼鏡にまで手仕事で仕上げる。

もう大阪には産地としての眼鏡フレーム作りはほぼ残っていないけれど、東京にはまだ残っている。

1980年代のバブルの頃のような職人の数ではなくなってしまっているけれど、

1人や少人数で運営される工房がまだ東京にはいくつかある。

鼈甲や金無垢での眼鏡作りは、彫金などとともに東京都に伝統工芸として指定されている。

「工業製品」ではなく「工芸品」としての金無垢フレーム。

 

 

 

48f8a9f7

 

 

現在の日本製眼鏡フレームは、

「鯖江製の工業製品」と「東京製の工芸品」があり、

そして「大阪製のレンズ」がある。

 

 

 

みなさんは工業製品と工芸品の違い、わかりますか?

 

 

 

日本の眼鏡作りにおいて、大阪も、鯖江も、東京も、

それぞれで重要な役割を果たしてきた。

そしてSOLAKZADEのオリジナルフレームを制作するにあたっても、

その制作方法として、

結果的に、鯖江、東京、大阪の3都市での価値を総動員したやり方になっている。

 

 

 

SOLAKZADE
住所:〒150-0001 東京都渋谷区神宮前4-29-4 Goro’s Bldg 1F/B1F

電話番号:03-3478-3345

Mail:info@solakzade.com
1階:完全予約制

地下:水曜のみ完全予約制(水曜以外は予約不要)
営業時間:12:00 – 20:00
—————————————————————————————————————————————
SOLAKZADE

ADDRESS: 1F/B1F Goro’s Bldg 4-29-4 Jingumae Shibuya-Ku TOKYO 150-0001 JAPAN

TEL: +81-3-3478-3345

Mail:info@solakzade.com

HOURS: 12:00 – 20:00
1F: Open 7 days a week, Everyday by Appointment Only

B1F: Open 7 days a week, On Wednesday by Appointment Only
SOLAKZADE OFFICIAL WEB

 

L1000641

 

 

アセテート、セルロイドでフレームを作ることなら、5年程前、大阪にいた頃に鯖江で機械を購入して、やっていた。

過去にはタートのアーネルやFDRを完全再現で作ることもやってみたし、

オリバーゴールドスミスのGOO GOOなどお気に入りのモデルを再現してみたりもした。

名も無いアメリカやフランスの古いレアピースを完全再現してみたりもした。

でもやってみて思ったのは、これは単なるエクササイズに過ぎないということ。

 

 

 

 

L1000666

 

 

アイウェア史に存在するあらゆるフレームを手にして味わってきた自分たちが、自分たちの名前を刻んだモノを作るんだったら、

好きなヴィンテージのフレームシェイプやディテールを単にコピーするだけでは嫌だった。

 

 

じゃあ自分のブランドはどんなモノを作るべきか。どんなモノであったら自分としてしっくり来るか。

 

 

この1年半くらいの間、あれやこれやと、ずーーーっと試行錯誤してたどり着いたのは、

自分が好きなヴィンテージが持っているそれぞれの魅力が、抽象的に、要素として、詰め込まれたモノを作るということ。

 

 

 

L1000502

 

 

たとえば

1937-99年までのレイバンの実用実戦主義。

1920-30年代のアメリカ製アンティークフレームの繊細な彫金と贅沢な素材。

1900年代初頭のアメリカンオプティカルが確立していた膨大かつ細かいバリエーションのサイズ、デザイン、素材そして付属品。

1950年代アメリカの樹脂フレームのハイコストなのに不完全な仕上げというアートな組み合わせ。

1960年代のイギリス、フランスフレームが持つ自由かつエロティックなラインと立体感。

1940-50年代のイギリス、フランスの樹脂フレームが持つ角感と蝶番の大胆な仕上げ。

1980-90年代のカザールのアールデコをベースにしたフレームデザインの豊富なバリエーション。

1980年代のアランミクリ氏が持っていた実験的かつ大胆なDIY的アプローチ。

1980-90年代のゴルチェによる自由な発想で描かれたメタルの複雑なラインを、日本の鯖江のテクノロジーでもって高い完成度で実現した革新性。

1980-90年代中期のカルティエは、基本デザインを網羅的にラインナップ。ブランドアイコンをモチーフにした飽きの来ない洗練されたディテールを持つ。そして、隠れた細かい面まで磨き切ることで「球」や「面」の美しさを極限まで引き出されている。デザイナー、職人による経験、手間が惜しみなくかけられ、モノとして究極を感じさせる完成度を誇っている。

 

 

image

 

 

1つ1つが全て、自分が心底魅了されたモノが持っていた要素であり、それは自分の脳味噌のフェティシズムに関する領域に刻まれたことを意味し、自分を形成している。

そうであるなら、それらの魅力の1つ1つが、自分たちのブランドのアイデンティティであって欲しい。

そして、こんな魅力の要素が詰まりまくったモノが生み出されるブランドが作れたら、それは僕らにとってだけじゃなく、SOLAKZADEのヴィンテージを買ってくれているこれまでのお客さんたちにとっても最高なはず。

 

 

 

SOLAKZADE
住所:〒150-0001 東京都渋谷区神宮前4-29-4 Goro’s Bldg 1F/B1F

電話番号:03-3478-3345

Mail:info@solakzade.com
1階:完全予約制

地下:水曜のみ完全予約制(水曜以外は予約不要)
営業時間:12:00 – 20:00
—————————————————————————————————————————————
SOLAKZADE

ADDRESS: 1F/B1F Goro’s Bldg 4-29-4 Jingumae Shibuya-Ku TOKYO 150-0001 JAPAN

TEL: +81-3-3478-3345

Mail:info@solakzade.com

HOURS: 12:00 – 20:00
1F: Open 7 days a week, Everyday by Appointment Only

B1F: Open 7 days a week, On Wednesday by Appointment Only
SOLAKZADE OFFICIAL WEB

カトマンズから、タクシーに乗り込む。

L1000526

image

image

image

古都パタンに着いた。

L1000501

L1000516

 

今回どうしてネパールに行ったのかというと。

 

 

今年、僕たちは自分たちのブランドを本腰を入れて始動させた。

眼鏡フレームのベースはシルバー925無垢で8月には仕上がった。

その後、兄やんに手彫りで彫金を目の前で一緒にやってもらい、顕微鏡を使っての細かい彫りを、毎日夜徹し仕上げてもらっていた。

強く荒くも繊細で、誠実で温かく、ユーモアこぼれる兄やんらしい彫金は、ずっと見ていて飽きが来ない。

旅の直前には素晴らしく美しい彫りが数枚のフロントフレームに仕上がっていた。

 

 

でもまだ、完成したとは言えない。

何かが足りないんだよなぁ。何が足りないんだろうか。

 

 

弟が10年前にバックパックで行ったネパールでの話をふとし始めた。

ネパールに行こう!

 

 

アテもツテも何もないけど、ただ弟の話を聞いてネパールに行ってみたくなった。

 

 

L1001086

 

 

 

SOLAKZADE
住所:〒150-0001 東京都渋谷区神宮前4-29-4 Goro’s Bldg 1F/B1F

電話番号:03-3478-3345

Mail:info@solakzade.com
1階:完全予約制

地下:水曜のみ完全予約制(水曜以外は予約不要)
営業時間:12:00 – 20:00
—————————————————————————————————————————————
SOLAKZADE

ADDRESS: 1F/B1F Goro’s Bldg 4-29-4 Jingumae Shibuya-Ku TOKYO 150-0001 JAPAN

TEL: +81-3-3478-3345

Mail:info@solakzade.com

HOURS: 12:00 – 20:00
1F: Open 7 days a week, Everyday by Appointment Only

B1F: Open 7 days a week, On Wednesday by Appointment Only
SOLAKZADE OFFICIAL WEB

カトマンズのドゥワリカズホテル

L1000440

L1000439

12310654_10156208947085627_5606461761252944030_n

イイ感じのホテルには必ず各界の重要人物が泊まっていて、何か良い出会いがあるはずで、

何のツテも無くやって来た今回のネパール初日にはピッタリのホテルでした。

 

この日は、各国大使館の連中が集まっていたり、中央銀行総裁の息子がいたり。

つい最近ベッカム夫妻も来たそう。

 

ホテル内にあるジャパニーズレストランのマコさんが紹介してくれて

この人はスペインの雑誌の編集長とスペインのジュエリーブランドをやってる人

いつのまにか雑誌のインタビュー取材が始まりました

L1000425

L1000442

 

L1000379

L1000423

鳥のさえずりがゆっくりと響きわたる穏やかさで、コーヒーを飲み、まるで時間が止まってるみたい

特にクラクションだらけでやかましいカトマンズの中心地にあって

嘘みたいな、天国みたいな場所

L1000411

L1000416

何人かの信頼出来そうな人が、ジュエリー買うならタメル、でもタメルは観光客向けで、ジュエリーの工房とか見たいなら古都パタンだよと、みんな言うのでじゃあパタンに行ってみることにした

 

image

image

SOLAKZADE
住所:〒150-0001 東京都渋谷区神宮前4-29-4 Goro’s Bldg 1F/B1F

電話番号:03-3478-3345

Mail:info@solakzade.com
1階:完全予約制

地下:水曜のみ完全予約制(水曜以外は予約不要)
営業時間:12:00 – 20:00
—————————————————————————————————————————————
SOLAKZADE

ADDRESS: 1F/B1F Goro’s Bldg 4-29-4 Jingumae Shibuya-Ku TOKYO 150-0001 JAPAN

TEL: +81-3-3478-3345

Mail:info@solakzade.com

HOURS: 12:00 – 20:00
1F: Open 7 days a week, Everyday by Appointment Only

B1F: Open 7 days a week, On Wednesday by Appointment Only
SOLAKZADE OFFICIAL WEB

12342828_10156235043050627_6635146161076211585_n

Jacket: 1930s French Vintage Motorcycle Sheep Leather
Eyewear: 1980s Vintage Cartier
Trouser: 1940s UK Vintage
Watch: 1970s Vintage Piaget for VAN CLEEF AND ARPELS 18 Karat Solid Gold
Rings on Left Hand: 1970s Indian Vintage (Made for a Maharaja)
Rings in Right Hand: UK and French Antique made in 1880s-1940s

 

SOLAKZADE
住所:〒150-0001 東京都渋谷区神宮前4-29-4 Goro’s Bldg 1F/B1F

電話番号:03-3478-3345

Mail:info@solakzade.com
1階:完全予約制

地下:水曜のみ完全予約制(水曜以外は予約不要)
営業時間:12:00 – 20:00
—————————————————————————————————————————————
SOLAKZADE

ADDRESS: 1F/B1F Goro’s Bldg 4-29-4 Jingumae Shibuya-Ku TOKYO 150-0001 JAPAN

TEL: +81-3-3478-3345

Mail:info@solakzade.com

HOURS: 12:00 – 20:00
1F: Open 7 days a week, Everyday by Appointment Only

B1F: Open 7 days a week, On Wednesday by Appointment Only
SOLAKZADE OFFICIAL WEB

12289482_10156232697975627_2168540219042730922_n

‪‎Coat: GUCCI Alpaca (1970s Vintage)

Ring on Left Hand: 1970s India Deadstock (Made for a Maharaja)

Watch: PIAGET for VAN CLEEF & ARPELS 18 Karat Solid Gold (1970s Vintage)

 

SOLAKZADE
住所:〒150-0001 東京都渋谷区神宮前4-29-4 Goro’s Bldg 1F/B1F

電話番号:03-3478-3345

Mail:info@solakzade.com
1階:完全予約制

地下:水曜のみ完全予約制(水曜以外は予約不要)
営業時間:12:00 – 20:00
—————————————————————————————————————————————
SOLAKZADE

ADDRESS: 1F/B1F Goro’s Bldg 4-29-4 Jingumae Shibuya-Ku TOKYO 150-0001 JAPAN

TEL: +81-3-3478-3345

Mail:info@solakzade.com

HOURS: 12:00 – 20:00
1F: Open 7 days a week, Everyday by Appointment Only

B1F: Open 7 days a week, On Wednesday by Appointment Only
SOLAKZADE OFFICIAL WEB

12345521_10156232478525627_2354842841230062794_n

SOLAKZADE
住所:〒150-0001 東京都渋谷区神宮前4-29-4 Goro’s Bldg 1F/B1F

電話番号:03-3478-3345

Mail:info@solakzade.com
1階:完全予約制

地下:水曜のみ完全予約制(水曜以外は予約不要)
営業時間:12:00 – 20:00
—————————————————————————————————————————————
SOLAKZADE

ADDRESS: 1F/B1F Goro’s Bldg 4-29-4 Jingumae Shibuya-Ku TOKYO 150-0001 JAPAN

TEL: +81-3-3478-3345

Mail:info@solakzade.com

HOURS: 12:00 – 20:00
1F: Open 7 days a week, Everyday by Appointment Only

B1F: Open 7 days a week, On Wednesday by Appointment Only
SOLAKZADE OFFICIAL WEB

11215186_10156223695125627_871915913898166991_n.jpg

SOLAKZADE
住所:〒150-0001 東京都渋谷区神宮前4-29-4 Goro’s Bldg 1F/B1F

電話番号:03-3478-3345

Mail:info@solakzade.com
1階:完全予約制

地下:水曜のみ完全予約制(水曜以外は予約不要)
営業時間:12:00 – 20:00
—————————————————————————————————————————————
SOLAKZADE

ADDRESS: 1F/B1F Goro’s Bldg 4-29-4 Jingumae Shibuya-Ku TOKYO 150-0001 JAPAN

TEL: +81-3-3478-3345

Mail:info@solakzade.com

HOURS: 12:00 – 20:00
1F: Open 7 days a week, Everyday by Appointment Only

B1F: Open 7 days a week, On Wednesday by Appointment Only
SOLAKZADE OFFICIAL WEB

さっきまで首都デリーにいましたが
今はジャイプールです

12345417_10156221338200627_5061201025758680537_n

SOLAKZADE
住所:〒150-0001 東京都渋谷区神宮前4-29-4 Goro’s Bldg 1F/B1F

電話番号:03-3478-3345

Mail:info@solakzade.com
1階:完全予約制

地下:水曜のみ完全予約制(水曜以外は予約不要)
営業時間:12:00 – 20:00
—————————————————————————————————————————————
SOLAKZADE

ADDRESS: 1F/B1F Goro’s Bldg 4-29-4 Jingumae Shibuya-Ku TOKYO 150-0001 JAPAN

TEL: +81-3-3478-3345

Mail:info@solakzade.com

HOURS: 12:00 – 20:00
1F: Open 7 days a week, Everyday by Appointment Only

B1F: Open 7 days a week, On Wednesday by Appointment Only
SOLAKZADE OFFICIAL WEB

12314219_10156216864685627_3273378013941493576_o

SOLAKZADE
住所:〒150-0001 東京都渋谷区神宮前4-29-4 Goro’s Bldg 1F/B1F

電話番号:03-3478-3345

Mail:info@solakzade.com
1階:完全予約制

地下:水曜のみ完全予約制(水曜以外は予約不要)
営業時間:12:00 – 20:00
—————————————————————————————————————————————
SOLAKZADE

ADDRESS: 1F/B1F Goro’s Bldg 4-29-4 Jingumae Shibuya-Ku TOKYO 150-0001 JAPAN

TEL: +81-3-3478-3345

Mail:info@solakzade.com

HOURS: 12:00 – 20:00
1F: Open 7 days a week, Everyday by Appointment Only

B1F: Open 7 days a week, On Wednesday by Appointment Only
SOLAKZADE OFFICIAL WEB