鯖江2:Digging Deadstock Acetate Plates:Solakzade Original

かれこれ5年くらい前からお世話になりまくっている鯖江の材料屋さんKISSOの吉川さんに

倉庫にあるデッドストックのアセテート生地を漁らせていただきました

前にも弟と2人で同じように漁らせてもらったのですが、今回はMatsu、Rico、直人を合わせた5人で

 

 

We dug dead stock acetate plates at a materials company, KISSO, in Sabae.

KISSO imports acetate plates from Mazzucchelli Italy.

I and my brother have got lots of assistance from Mr.Yoshikawa, the president of the company, for over 5 years.

He always arranges everything we need in manufacturing our own designs.

 

IMG_5043

IMG_5044

IMG_5048

IMG_5038

IMG_5034 IMG_5035IMG_5051 IMG_5054

IMG_5056

1960年代後期から1970年代中期のオリバーゴールドスミスに使われているようなコントラストの弱い色使い

The weak color contrast of the acetates used for Oliver Goldsmith frames from late 1960s to middle 1970s

 

 

コントラストっていうのは

強弱の差、濃い薄いの差、暗い明るいの差、ザラつきと艶感の差

“Contrast” means the difference in color and light.

Dark and Light. Strong and Weak. Matt and Burnished.

 

 

コントラストが弱い、ある意味ではクオリティの低い、ぼーっとした、

(世の中では、こういう形容は「悪口」になるんでしょうが)

それが

ネパールのパタンで見た景色みたいな、同時にパリの街や人みたいでもある、

ときに穏やかで優しい牧歌的な揺らめき、ときに妖艶で危なく前衛的な揺らめき、

1960年代後期から1970年代中期のあの色なのです。

Color contrast is weak, in other words, slow, blurry, smokey..

That reminds me of the streetscape and persons in Patan (Nepal) and in Paris (France) at the same time.

Sometimes wavering calmly and idyllically, sometimes wavering amorously and experimentally..

That is the very atmosphere of late 1960s to middle 1970s.

 

 

そういう色の生地(素材)が1980年代後期以降ほとんど作られなくなって

(時代ごとに色があって、いまは、いまのところ、もっとパキッとしたもっと綺麗な色が主流の時代なのでしょう)

デッドストックとして探すか、あとは自分で色を調合してイタリアか日本で特注するしかないのです。

色から作っているブランドなんてalain mikliとか999.9とかデカイとこばっかりですから

資金的にはハードルがあるプロジェクトなのですが、楽しそうですし、

欲しい色がなければそれをやるしかないんです。

Acetate material in those kinds of colors has rarely been made after 1980s.

So we have to dig deadstock materials or we can just make what we like by blending colors by ourselves and order to factories in Italy or Japan.

Only big brands like alain mikli and 999.9 do it to have their own colors so money is the only matter.

But sounds exciting and we have only these 2 options.

 

 

そんな素材を調達しているワケは、やはり

Solakzade Originalの新たなプロジェクトのため。

実はビスポークセルフレームラインを立ち上げようと準備中ですのでお楽しみに。

多分夏にはスタートできると思います。

The reason why we are getting those acetate materials is to launch a new line of Solakzade Original.

That will be a kind of bespoke service.

 

 

 

 

 

 

SOLAKZADE
〒150-0001 東京都渋谷区神宮前4-29-4 Goro’s Bldg 1F/B1F
03-3478-3345
info@solakzade.com

1階:完全予約制
地下:水曜のみ完全予約制(水曜以外は予約不要)
営業時間:12:00 – 20:00
—————————————————————————————————————————————
SOLAKZADE

1F/B1F Goro’s Bldg 4-29-4 Jingumae Shibuya-Ku TOKYO 150-0001 JAPAN
+81-3-3478-3345
info@solakzade.com

HOURS: 12:00 – 20:00
1F: Open 7 days a week, Everyday by Appointment Only
B1F: Open 7 days a week, On Wednesday by Appointment Only

SOLAKZADE OFFICIAL WEB