鯖江3:1950年代当時の製法: Solakzade Original

セルフレームの切削(「せっさく」と読みます。板状の素材を切り出すこと。)については、5年前の2011年から

3D-CADソフトを独学で使えるようになってフレームのデザインをするようになり

NC切削機で切り出す、というやり方で試作(プロトタイプ)を作っていました。

 

 

 

 

 

しかし1950年代ごろのファクトリーでは、アメリカでもフランスでも、イギリスでも日本でも

セルフレームの作り方はもっと原始的なもので、でも完全な手作りではなく、こんな機械を使っていました。

 

 

 

 

アナログな感覚で作れるこの機械がずっと欲しくて、でもなかなか出てこない代物で、

ようやく今回、見つけることができたんです。

鯖江の中でもメガネ関連のメーカーが並ぶエリアからは離れて、ぐっと山の近くの田んぼの中にぽつんとある

こんなシークレットな倉庫から。

 

IMG_5064

IMG_5075

 

この中にレストア前のヴィンテージマシーンが所狭しと並んでいました

 

IMG_5074

IMG_5068

あっ!

IMG_5069

あった!!!

 

 

 

SOLAKZADE
〒150-0001 東京都渋谷区神宮前4-29-4 Goro’s Bldg 1F/B1F
03-3478-3345
info@solakzade.com

1階:完全予約制
地下:水曜のみ完全予約制(水曜以外は予約不要)
営業時間:12:00 – 20:00
—————————————————————————————————————————————
SOLAKZADE

1F/B1F Goro’s Bldg 4-29-4 Jingumae Shibuya-Ku TOKYO 150-0001 JAPAN
+81-3-3478-3345
info@solakzade.com

HOURS: 12:00 – 20:00
1F: Open 7 days a week, Everyday by Appointment Only
B1F: Open 7 days a week, On Wednesday by Appointment Only

SOLAKZADE OFFICIAL WEB