New Arrival from Toronto: 1980s Christian Dior made in Austria: Vintage Sunglasses & Eyeglasses

先日、直人がトロントの倉庫から仕入れてきた1980年代のChristian Diorのメタルフレーム。

小さめのアビエイター型を中心に色んなモデルが揃っています。

遂に、Solakzadeに届きました。

 

 

1980年代という時代は、「カワイイ」という概念が初めて評価される時代であるとともに、その対極にあるダンディなスタイルが共存します。

後者のダンディスタイルの「〆」として重要なのがアビエイター型に、薄いカラーレンズの色眼鏡。

 

このスタイル、日本ではずっと全然流行っていませんが、

Solakzadeの中では全員が前から変わらず愛用しているオトコの、漢のスタイル。

 

僕らの憧れの像は野坂昭如さん。

昨年末に亡くなった彼は、当時からずっとこのスタイル。

ŽQ‹c‰@“àŠtˆÏˆõ‰ï‚ɏoÈ‚µ‚½–ìâº”@Ži‰EAŽQ‰@‚̉ïji“Œ‹žE‘‰ï“àj

nosaka

nosaka2

default_284c87531db93909556506e03272ec0d

 

「物議を醸す人」

「いかがわしさのカリスマ」

 

そう呼ばれた所以が、彼の実際の言動、生き方、作品にあることは間違いないのですが

近視の度入りで付けていたこの色つきの金縁アビエイターが

そのイメージを増幅させ、そして確定させているところがあります。

 

見た目の通り、実際に、いかがわしい

アブない見た目で、実際にエッジの効いた言論

 

特に彼の場合は、ティアドロップという涙型のタレたシェイプではなく、スクエアなのがフレーム選びの特徴。

ティアドロップの方がセクシーを高めてくれますが、スクエアの方は硬派な印象。

 

彼が体現した「いかがわしさ」が、誠実さを軸にしていたとしたら、、

このスタイルをちゃんとカッコイイと、2010年代の東京で、僕ら世代があらためて評価させていただくことには

意味があるんじゃないでしょうか。

 

L1004888

L1004869

L1004875

L1004928

L1004921 (1)

SOLAKZADE
〒150-0001 東京都渋谷区神宮前4-29-4 Goro’s Bldg 1F/B1F
03-3478-3345
info@solakzade.com

1階:完全予約制
地下:水曜のみ完全予約制(水曜以外は予約不要)
営業時間:12:00 – 20:00
—————————————————————————————————————————————
SOLAKZADE

1F/B1F Goro’s Bldg 4-29-4 Jingumae Shibuya-Ku TOKYO 150-0001 JAPAN
+81-3-3478-3345
info@solakzade.com

HOURS: 12:00 – 20:00
1F: Open 7 days a week, Everyday by Appointment Only
B1F: Open 7 days a week, On Wednesday by Appointment Only

SOLAKZADE OFFICIAL WEB