1980’s DUNHILL

DUNHILLはDIORと同じく1970年代から1980年代にかけて最も重要なアイウェアを作り出したブランドです。

当時のDUNHILLのブティックでだけでなく、どの町の眼鏡店にも必ず取扱ブランドとしてこの2つのブランドが最高にイケててプレミアムなクオリティのフレームとして並べられていました。

 

メタルフレームはもちろんかっこいいですが、DUNHILLのセルフレームが今の気分です。

 

l1020513

当時のDUNHILL、DIORのフレームのプラスチック部分は「オプチル(OPTYL)」という名前の特殊素材。

オプチルは1964年にオーストリアで開発された素材で、アセテートに比べて20%軽く、アレルギー反応もアセテートよりも出にくく、独特の透明感と発色の良さが大きな特徴です。

アビエイタースタイルのセルフレームでも、透き通った色味が柔らかい印象を出してくれます。

フレンチっぽいうすーい生地の色でちょうどいいアビエイターってなかなか無いんですよね。

l1020530

ちょっと黄色味がかったクリアがcool!!クリアレンズでかけましょう!!

NAOTO