POLITICIAN2の角感と手磨き:Solakzade Original

 

Solakzade Originalから最近リリースされたPOLITICIAN2ですが、

このモデルを作るとき、どんな所に気を遣って製作してるのか作り手の目線で話します。

 

なんといってもこの「角感」、メガネ作りにおいて「磨き」と「角感」は、そのフレーム製作の全てと言えるくらい重要なものです。

 

量産のメガネ作りだと、

「ガラ」と呼ばれるチップの入った樽のような機械でフレームをほとんど磨いてしまってから

最後の仕上げだけを手で磨くのが主流です。

 

このガラのメリットは均一な磨きができること、手間を減らせること。

荒ガラ、中ガラ、仕上げガラなど、それぞれの樽の中に24時間入れます。

 

 

しかし、SOLAKZADEではガラは使ってません。外注してガラに出すこともしません。

フレームの「角感」が落ちてしまうからです。

 

 

POLITICIAN2は角感をしっかり残すため、一つ一つの磨きを全てガラを使わずに、「手」でやるしかなく、膨大な時間と手間がかかっています。

糸ノコで切り出して、棒ヤスリで削って、紙ヤスリで表面を整えて、バフをかける、、。

他のモデルでもそうなんですが、Solakzade Originalのセルフレームは、磨きは全て「手」でやっています。

電動機がほとんど使われなかった1940-50年代と同じ作り方です。

 

 

1940年代のフランスのフレームは角感がしっかりと残っていますよね。

ガラを使わなかったその当時のフランスと同じ作り方なのです。

 

 

 

光沢を出すためにひたすら磨くのですが、磨くときに角を落とさないように常に気をつける。

 

バフやヤスリは意識しなければ角なんて一瞬で無くなります。一度落ちた角は再生不可能。

 

光沢を出していきながら、角感をしっかり残すことで、

このGeo Tortoiseカラーの独特の生々しさと、Politician2の圧倒的な存在感が融合するんです。

 

 

 

 

 

 

 

SOLAKZADE 舘野

 

SOLAKZADE
〒150-0001 東京都渋谷区神宮前4-29-4 Goro’s Bldg 1F/B1F
03-3478-3345
info@solakzade.com

SOLAKZADE.NET

1F:完全予約制
B1F:水曜のみ完全予約制(水曜以外は予約不要)
HOURS:15:00 – 21:00
—————————————————————————————————————————————
SOLAKZADE

1F/B1F Goro’s Bldg 4-29-4 Jingumae Shibuya-Ku TOKYO 150-0001 JAPAN
+81-3-3478-3345
info@solakzade.com

HOURS: 15:00 – 21:00
1F: Open 7 days a week, Everyday by Appointment Only
B1F: Open 7 days a week, On Wednesday by Appointment Only