PARIS 後半 -TANK RING

 

そして、これが今回の旅の目的でした。

5日間いたパリの最終日に、ついに辿りついたシークレットなアジト。

 

 

パリのローカル間で密かに《TANK RING(タンクリング)》と呼ばれる隠れたジャンルがあり

1930年代後期から1940年代に密かに流行していたんです。

 

 

今回、このTANK RINGの大群を発掘しました。

実は、2年前にパリでTANK RINGを1つ自分用に買って愛用していたピンキーのがあったのですが、それを1年前にマダム北條に取られちゃって以来、やっぱりまた欲しくてずっと探していたんです。

 

これはまだ引き続き交渉中で、入荷がすぐじゃなく、6月末くらいになる予定です。

大群で見せるとレア感が麻痺しそうですが、もちろん全て1点モノの激レアピース達です。

全部買い占めにかかっています。

 

カルティエも1930年代に作ったTANK RING

 

そして、ホテルに戻る

快適

 

タンクリングのスペシャルを1本だけ自分用に買いました

センターにオーバル型のサファイヤが乗っててアシンメトリーなやつ

イエローゴールド濃いめとホワイトゴールドのコンビも1930s当時らしい

気に入った!