VINTAGE EYEWEAR

SOLAKZADEには常時10,000本を超える数のヴィンテージアイウェアがストックされています。1800年代から1990年代製まで、クラシックもデザイナーズも、各時代を代表するフレームの中から良い状態のモノだけを厳選してコレクションしています。

 

[最高のコンディション]

SOLAKZADEのヴィンテージフレームは基本的に全て、デッドストック未使用品。(1800年代のフレームだけはユーズドですが、金無垢や銀無垢しか扱わないため、フレーム寿命は半永久です。)

デッドストック未使用品の中でも、さらにセルフレームの水分量をチェックして、酸化の進んでいないモノだけを厳選しています。それでも年間に1、2本あるのですが、万が一、購入後1年以内に急激に劣化が進んだときは、別のフレームで眼鏡を作り直しさせていただいています。SOLAKZADEではフレームの寿命を保証しています。

 

[コレクションのジャンル]

1800年代:1891年に金張り材(ニッケル銅合金の外側に金が厚張りされたもの)が開発されるまで、無垢材(金、銀、真鍮、鉄)しかない時代。ネジから全て手とハンマーだけでのフルハンドメイドの工芸品。

1890-1920年代:1923年の発明以前は、鼻パッドがない一山(サドルブリッジ)と呼ばれるシンプルなフレームでした。1800年代と違い、とても線の細いフレーム素材がアメリカンオプティカル社によって開発されます。レンズは小さなラウンド、オーバル。

1930-40年代:こんなに古いアンティークをクラシックなだけでなく、最新のファッションとして、しかも全てデッドストック未使用品で提案しているのは、世界でもSOLAKZADEだけでしょう。特にリムレスのフレームには、当時のカタログにあったレンズサンプル表から引用した、オクタゴンオクタゴンオーバルのレンズを、1人1人の顔サイズに合わせてSOLAKZADEで制作しています。

1950年代:第2次世界大戦後、 TART OPTICALといった新しい小さなブランドによって率先して作られ始めたセルフレームが、1950年代当時、黒人ジャズマンやジェームスディーンら俳優、アレンギンズバーグらビート詩人にまで受け入れられ、いまではジョニーデップが愛用していることでこのジャンル自体の人気に火がつきました。ここまでが「アメリカンヴィンテージの黄金期」。この辺りのフレームはとにかく状態が命。酸化して水分が抜け、寿命の短いものが多いからです。

1960年代:アメリカからヨーロッパに、世界の経済、政治、カルチャーの中心舞台が移ります。クレージュやピエールカルダンに代表される、宇宙的で未来的なデザインのデザイナーズアイウェアが登場。それまでの工芸的なモノづくりに強烈なデザインが上手く合わさって、アートのオブジェのような素晴らしい作品がいくつも見つかる面白いジャンル。1960年代後期にプラスチックレンズが普及し始めます。

1970年代:レンズもフレームも、軽い新素材のおかげで昆虫のような巨大なフレームなのにとても実用的なものがたくさん作られます。John Lennonのようなリベラルなヒッピースタイルとして、また、イヴサンローランに代表されるコンサバでエレガントなスタイル、この両極端な2つのスタイルが存在しました。

1980年代:カラフルになったり、左右非対称になったり。ブランドごとにデザインのコンセプトが異なり、1960年代以前のいくつかのスタイルを編集することで新しいものが生まれてきます。

 

1950年代製アメリカンヴィンテージ

img_2749

1990年代 ジャン=ポール・ゴルチェ